Monday, June 26, 2017
 

【世界のホームレス人口約10億人】ホームレス・ワールドカップ(パリ大会)が開幕!“野武士”ジャパンが世界で戦う。

ホームレスワールドカップ♪ニッポン、チャチャチャ、ニッポン、チャチャチャ、野武士、チャチャチャ、∑(; ̄□ ̄A “野武士”?

これまた、知らなかったお話。

世界のホームレス人口約10億人。

 

世界各国のホームレスがミニサッカーで世界一を目指して競う『ホームレス・ワールドカップ』がパリで開催されているみたいです。8月21日から28日の8日間に渡り、世界64カ国がエッフェル塔のすぐ下の広場で、熱い戦いを繰り広げている模様。

日本のホームレスで構成されるチーム『野武士ジャパン』は2004年、2009年以来3回目の出場。未だ一度も過去に勝ったことがないらしく、悲願の1勝を勝ち取るため、日本を出発。

ホームレス・ワールドカップは2003年の第一回大会 に始まり、今年で9回目。『サッカーによるホームレスの社会復帰』を目的として毎年開催されている大会。ホームレスにとって、ひとつのことを目標にチーム一 丸となって戦うことは、新たな生きがいをもち、社会との繋がりを感じるきかっけとなります。

実際に、この大会を通じて、多くの選手が自らの人生を変えられている様子。各国の選手は、ホームレス・ワールドカップにはたった一度しか出場することができません。あくまで『社会復帰』が目的であるため、より多くの選手にそ の機会があたえられるような仕組みになっているということなんですね。

以下は、今大会のプロモーション・ムービー。案外かっこ良かったりします。

ホームレスサッカーの日本代表『野武士ジャパン』は、NPO法人ビッグイシュー基金によって運営されています。

2009年に出場したミラノ大会では、平均年齢41.6歳、最年長チームとして奮闘。惜しくも1勝をあげることはできませんでしたが、最後ま で諦めない『野武士ジャパン』のその雄姿は現地でも人気となり、他国の選手・サポーターから「Nippon」「NOBUSHI」と応援コールを受けるほど。結果、前回出場大会では、ファイティングスピリッツ賞を受賞。

今年のパリ大会では、、日本代表は1年以上も前となる、2010年1月より始動。大阪と東京の2つのエリアで練習を重ね、2011年の5月の選抜大会で代表選手を7名を選出。その後、7月に代表合宿を行い、強化を進めてきました。

 

 野武士ジャパン・キャプテンの松田良啓選手からのメッセージ。

自分はサッカーで人とのつながりをもらいました。人生を一度あきらめた者だって頑張ればできると、仲間や応援してくれる人達にお見せしたいです。今年、日本は震災があり、日本への注目は高いと思います。日本に対する応援にこたえられるように全力プレーをして、がんばっている姿をいろんな方におみせしたいです。

世界で戦う野武士ジャパンを、皆さまも一緒に応援しましょう!

『なでしこ』の次は『野武士』だ! 

awasete

 

Tags: , , , , , , , , , , , , ,

Comments

No comments so far.
  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name