Monday, December 11, 2017
 

【年の功とは良く言ったもの・・・】 いつも心の側に置いておきたいことば。

つもりちがい十か条

先人が残してくれた、ことばの数々。
“年の功”とは良く言ったもので人生を積み重ねてきた方が残す言葉には重みがあります。
含蓄に富んだ『人生の教訓』をちょっとばかり深く考えて読み込んでしまいました。皆様もぜひ、お読み頂ければと思います。

『人生の教訓』(作者不明)


私の人生でまなんだこと・・・

6歳のとき
「きよしこの夜」を歌いながらいつも泣くから
わたしはその先生が好きなんだとわかった

7歳のとき
飼ってる犬もわたしと同じで
ブロッコリーが嫌いなんだとわかった

9歳のとき
田舎の人は 手を振ると
仕事の手を止めても
手を振り返してくれるんだとわかった

12歳のとき
お部屋を便利なように整えると
ママはもう一度片付けろと言うことがわかった

14歳のとき
元気になりたいと思ったら
誰かを元気付ければいいとわかった

15歳のとき  
認めるのは嫌なんだけど
パパとママが厳しいのはいいことなんだとわかった

24歳のとき
アドバイスの言葉よりも
何も言わずにそばにいてくれる友達の方が
心を癒してくれるとわかった

26歳のとき
わが子の髪をとかしてあげることは
ほんとうに幸せなことなんだとわかった

29歳のとき
わたしが行くところにはいつも
この世で一番運転の下手な人がついてくるんだとわかった

39歳のとき
誰かがわたしの悪口を言ったら
自分は誰もそれを信じないような
生き方をすればいいんだとわかった

42歳のとき
本当は自分をとても大切に思ってくれているんだけど
その示し方がわからないだけという人がいることを知った

44歳のとき
ちょっとした手紙を送るだけで
誰かの一日をいい一日にできるんだとわかった

46歳のとき
自己嫌悪の強い人は
他の人を責める気持ちも強いとわかった

47歳のとき
おじいちゃんおばあちゃんと孫たちは
自然とチームを組むものなんだとわかった

48歳のとき
今日何があろうとどんな悪いことが起ころうと
人生は続いていくし明日はいいことがあるんだとわかった

49歳のとき
聖歌の「アメイジング・グレイス」を歌うと
とても元気になることがわかった

50歳のとき
ホテルのベッドのマットレスは
電話の傍じゃない方が寝心地がいいとわかった

52歳のとき
この3つのことをどう処理するかで 
男の人はだいたいわかると知った
雨の日  なくし物  こんがらがったクリスマスツリーのライト

52歳のとき
自分で野菜畑を作るのは
いっぱい詰まった薬箱と同じ価値があるとわかった

55歳のとき
親とどういう関係にあろうが
親が死んだら本当に悲しいものだということがわかった

58歳のとき
「生きること」と「暮らしていくこと」は
違うんだとわかった

61歳のとき
子供に良くしてやろうと思ったら
まず自分の夫婦関係を良くしなければいけないとわかった

62歳のとき
人生には二度目のチャンスが
与えられているとわかった

64歳のとき
両手にキャッチャーミットを持ってたらいけない、
何かを投げ返せるようにならなくてはいけないとわかった

65歳のとき
幸せそのものを追い求めればそれは逃げていくけど
家族と、他の人の必要と、新しい出会いと、
ベストを尽くすことを心がければ
幸せが自分を見つけてくれるんだとわかった

66歳のとき
優しい心で何かをする時
それはたいてい正しいことだとわかった

72歳のとき
誰にでも祈ることが必要だとわかった

75歳のとき
奇跡を信じる者は報われるとわかった
実はわたしもいくつか奇跡を目撃したので

82歳のとき
苦しみがあっても
誰かの苦しみの種になる必要はないとわかった

85歳のとき
毎日誰かと触れ合うことが必要だとわかった
握手でも、抱擁でも、軽く背中をなでてやることでもいい
人は人のぬくもりが必要なのだと

92歳のとき
まだまだ学ぶべきことがたくさんあるということがわかった

今の私の3倍、4倍も長く生きた方の教訓は、なぜだかグッと来ます。

このような含蓄のある話を、いつも、心の側に置いておきたいと思います。


awasete

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

Comments

No comments so far.
  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name