Friday, December 15, 2017
 

【日本人は、やはり謙虚!?】唯一、自国評価が世界評価より低い日本人。

各国の世界評価と自国評価
世界からの評価より自国への評価の方が高いのが一般的なのに・・・
上記グラフは、英国BBC放送が定期的に行っている世界世論調査。
主要国に対する各国国民の評価”を調べるモノで、世界28カ国に住む約3万人を対象にアンケートを実施したものです。
※注意点:評価する対象は国ですが、評価している人は各国の国民です。

グラフを見て頂くと解る通り、世界からの評価より自国への評価の方が高い(自国評価>世界評価)のが一般的
どの国民も自国に対して自信がある証拠ですね。
ブルーのプラス評価の割合を見てみると、韓国やロシア、ブラジル、パキスタ ンは自国評価が世界評価の2倍以上にもなっており、中国もほぼ2倍。中国国民、ブラジル国民は、何と8割以上が自国が世界に対して『良い影響』を与えていると考えています。
ところが、日本人だけが自国の評価が世界評価より低い状況(自国評価<世界評価)となっています。先に挙げた2国のように、少々過剰な間での自信を持つのも???ですが、自信がなさ過ぎ・・・とも捉えられる。

(簡易的にではありますが・・・)相対的な数字から見ても日本は、独特のアイデンティティをもっている人種なんですね。ちょっぴり勉強になりました。

awasete

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Comments

No comments so far.
  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name